OBシリーズ

0

    YANAGIHARAジムOB編PART3


    悠太郎が来た翌日は、YANAGIHARAジムOBプロで5戦、中学の時はUー 15日本2位のカイトがジムに。



    カイトがアマチュアに至る経歴は、物凄く面白いので長文になりますが、多分おもろいのでみんな読め(笑)。


    まずカイトが中学3年の頃、お父さんは悩む。

    「頭が悪すぎて行く学校がない」。


    会長とお父さんで話すと、唯一行橋市でカイトが入れる県立高校があった。ここさえ入学できれば、柳原式エスカレーター方法に乗れる。

    そして合格発表の日、めでたく合格。


    この間、会長は福岡県議会議員に以下のような根回しを。

    「僕が責任もって強くする。しかし高校にボクシング部がないとインターハイに出れないらしい。魁斗が行く高校にボクシング部がない。県の教育委員会の方からなんとか指導していただきたい。宝が目の前にある。これを腐らせる気なのか?と」。


    その後、会長の友人の福岡県議会議員と福岡県や、教育委員会、体育協会等で話し合いが行われ、カイトの行く高校に何故かいきなり部員1名のボクシング部が作られる事に。


    学校から会長へ何度か打ち合わせの電話があるも、会長「先生。なーんも心配せんでください。リングどころかグローブすら要りません。引率の先生だけ。あとは任せなさい」と。


    そうこうして高校代表だが、実質YANAGIHARAジムの選手としてインターハイ出場。

    1回戦、2回戦と簡単に県予選を勝ち進むカイト。


    当時は東福岡高校で行われてたインターハイ福岡予選。にもかかわらず、現在トレーナーになってる松尾を含め、プロの現役がリングサイドにYANAGIHARATシャツを着てずらりと陣取る、という光景。

    そしてあの日が!


    この日は準決勝。これに勝てば、東福岡高校世界ユースに選考された選手と明日決勝で当たり、事実上当時のレベルではこれが九州代表間違いなし!という大切な試合。

    1ラウンドから相手のパンチが全く当たらない。

    対するサウスポーのカイトは、相手が速い左フックを打とうとする瞬間、更にその内側から右フックを入れる。とにかくカイトのパンチは面白いようにあたり、打っては外し足を使いと、結局相手のパンチは3発当たったかどうか。

    しかーし!


    採点は、まさかの相手の判定勝ち。

    手をレフェリーに上げさせられる勝者も、自分が負けてると分かってるので下を向く。東福岡の応援団もばんざい!という恒例の儀式をするも、声が小さい。

    こうなると被害者はお互い。


    ここで会長「キレてははいかん!」と思い、まずは東福岡高校のトイレに行き、小便してリラックスしよう。

    と思いきや、トイレで福岡アマ連の理事が小便を!

    会長、この方と目が会うなり言った言葉が「あれがうちの負けかい!」。


    イカーーーーン。コレあかん奴やん。冷静にやん。

    という事で、頭を冷やすため、一度控室に入る。


    すると。

    カイトが頭からタオルをかけ、1人で泣いてるのを目撃した会長。すぐさま「カイト。負けてないぞ。お前は胸張っとっていい!」と大きなことを言いつつさらに怒りがヒートアップ。

    俺の可愛いカイトに、こんなことしやがって!


    これはいかんぞお、一度会場に戻り深呼吸しよう。

    と、再度会場に戻るがこれがいかんやった!


    入り口で人相の悪いヤクザっぽい奴から、思い切り肩をぶつけられ、睨み合いになり、相手が謝らずにそそくさと向こうに行く。


    ここで全ては終わった。


    カイトのお父さん、そして最前列の特等席を陣取り、YANAGIHARAジムTシャツを着たプロの軍団。

    これらの方向に向かって「お前らなんしよんか!帰るぞ!こんな空気悪いとこおれるか!早よ立て!」。と、試合中のリングの横で大きな声を出し、YANAGIHARAジムTシャツ軍団が勢揃いで帰る。

    誰もこちらを見ない・・・。

    あー、懐かしいなあ。


    こうしてカイトのアマチュア人生は終わり、一度ボクシングを辞めました。

    実はこの年、男山根の作ったルールに会長は異議があり、ブチ切れ「今のアマ連ぬるい。やっと来たぞ、俺のチャンスが。よーし、この件は徹底して山根のおっさんと話し合うわ!この件は俺のライフワークとして徹底してやってやる!俺の辞書に敗北はない!」というシーンを作ったのですが、福岡県ではまだ男山根のルールは普及されておらず、来年からになります、という肩すかしの珍事件もあったなあ。


    それから一年半くらい経ち、カイトはプロで5戦して引退します。


    続く。


    #ボクシング

    #プロボクシング

    #ボクシングジム

    #ダイエット

    #フィットネス

    #フィットネスジム

    #筋トレ

    #体幹

    #フィジカル

    #フィジカルトレーニング

    #トレーニング

    #ストレッチ

    #北九州市

    #小倉北区

    #小倉南区

    #門司区

    #若松区

    #戸畑区

    #八幡西区

    #八幡東区

    #下関市

    #行橋市

    #北九州ボクシング

    #小倉北区ボクシング

    #YANAGIHARAジム

    #プロボクサー



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM